(スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(こまる。

何が困るのか。
何に困っているのか。

困るとどうなることか。
不安、心配になる。
なんとか、困ることを避けようとする。
困らないように、困る前に対策をする。

まだ困ってもいないことを避けようと、何とかしようと苦労する。
困ることは苦しいことや。

子どものころ、困ることはなかった。
なぜ、困ることがなかったのか。
困るということがどういうことなのかわからなかったから、困るという意識、感覚がわからなかったんや。
もし、困った状況に遭遇していたとしても、誰かが、たとえば親や周りの人たちが何とかしてくれていたのかもしれない。

それも一つの方法やな。
困っている感覚がない、ただ起こった出来事を自分なりに考えただけ。
そこに、不安や心配はない。
出来事を体験しただけ。

体験は必要だ、でも困ることはない。

困ったことは、先にはない。

色んな体験を通して、学ぶ。
そこに、困ることは必要ない。
困ることへの不安、心配はいらない。

困ることを避けたり、困らないように対策を立てることで、また次の困ることを創り出しているのだ。

困らんようにすることが、困ることを生み出している。
困ったら困るという想いが、困ることを次々自分が創り出しているんや。

私は、何も困らない。

一つ一つの出来事をその都度、自分なりに答えを出してやっていけばいいだけだ。
やっていくことで、子どものときのように必要なときに、必要なサポートがある。
築く、気づくことがたくさんあるんやな。






ブログランキング参加中 
ご協力頂ける方は下のバナーをクリック願います。


にほんブログ村 教育ブログランキング参加中!
ご協力頂けるかたは下をクリック願います。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ



スポンサーサイト

テーマ : 生涯教育
ジャンル : 学校・教育

tag : 困る

コメントの投稿

Secre

Dプロフィール

 林 一美

Author: 林 一美
 昭和35年4月生 東京都出身
 大阪育ち 京都在住

幼稚園、小学校講師、塾経営をやってきました。
なにをしても、どこにいても、私の世界は、私の世界。

おかしいと思ったことは、おかしい。
変なことは、変や。

誰が何と言おうと、私は私のみちをいきる。
それが私にできる。ただひとつのことや。

実は誰も何も言っていない。
すべては、私が言ってることやんか。

私はあんた、あんたは私。

さかさま。おしゃかさま。
かみもほとけも。みな、おんなじ。

まっさかさまの、だいどんでんがえし。

Dリンク
D最近の記事
Dブログランキング
ブログランキング参加中! ご協力頂ける方は下のバナーをクリック願います。

にほんブログ村 教育ブログランキング参加中! ご協力頂けるかたは下をクリック願います。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

D最近のコメント
Dカテゴリー
D月別アーカイブ
DFC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。