(スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(たいけん。

長男は、京都に来て「コンズサイクル」という自転車屋さんでバイトをしている。
その影響で、自転車に恋っている。
私が知らない専門用語で自転車のよさを話してくれるが私には何がなんだかさっぱりわからない。
「ピストがどうのこうの・・・。ロードが・・・。」

だが、嬉しそうに話す長男を見ているだけで、何がなんだかわからん私も楽しくなる。
それだけで私は十分なのだ。

先日、新車を購入し、なお一層自転車熱が、ヒートアップしている。
毎夜、バイトが終わるとツーリングしているらしく、毎夜帰りが遅い。
京都の街を仲間と周っているようだ。

かなりスピードの出る自転車らしい。
まだ、慣れていないので、こけたりしてショッチュウ怪我をしている。

夜に走っているし、怪我をしてくるし、大丈夫やろか。
私は、心配、不安になっている。
そして、ついつい言ってしまう。
「危ないで、やめとき」
「そんなんせんとき・・・・」
「注意せんとあかんよ」

私は、今まで何を彼が始めても心配、不安を創り出していた。

そして私の心配、不安を彼にぶつけてしまっていたんやな。

今は、彼の体験を私が勝手に創りかえることはできないと想っている。

彼がしていること、私にはとめることはできない。
いつも私がついておくわけにもいかない。
心配、不安になっていてもしかたない、きりがない。

親としては、ただ彼が体験していることを見守ることしかできないんや。
事故にあうかも、大怪我をするかもという私の心配、不安は私の創り出しているもの。
親として当然のことかもしれないが、それを彼に押し付けて、彼の体験を奪ったらあかんで。

彼は、今自転車という教材で、色んなことを学んでいるんやな。
ただ、自転車に乗っているだけじゃない。
そのことを教材に彼が体験している。
それを私が私の都合で制約はできないんや。

私は、ただ彼が一つ一つ体験、体感していることを見守るだけや。
何があろうとそれは彼が選んだ、進んだ途なんだ。
彼にしか、責任がとれない。

私も彼の体験を通して、体験している。
色んなことを想い、感じている。
そのことを通して私も学んでいる。

お互い学びあいをしているんやな。






ブログランキング参加中 
ご協力頂ける方は下のバナーをクリック願います。


にほんブログ村 教育ブログランキング参加中!
ご協力頂けるかたは下をクリック願います。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ



スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

tag : 自転車 ツーリング コンズサイクル 京都 体験 スピード

コメントの投稿

Secre

Dプロフィール

 林 一美

Author: 林 一美
 昭和35年4月生 東京都出身
 大阪育ち 京都在住

幼稚園、小学校講師、塾経営をやってきました。
なにをしても、どこにいても、私の世界は、私の世界。

おかしいと思ったことは、おかしい。
変なことは、変や。

誰が何と言おうと、私は私のみちをいきる。
それが私にできる。ただひとつのことや。

実は誰も何も言っていない。
すべては、私が言ってることやんか。

私はあんた、あんたは私。

さかさま。おしゃかさま。
かみもほとけも。みな、おんなじ。

まっさかさまの、だいどんでんがえし。

Dリンク
D最近の記事
Dブログランキング
ブログランキング参加中! ご協力頂ける方は下のバナーをクリック願います。

にほんブログ村 教育ブログランキング参加中! ご協力頂けるかたは下をクリック願います。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

D最近のコメント
Dカテゴリー
D月別アーカイブ
DFC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。