(スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ゆるせない。

あんなことして、許せない。
あれは、許せないことや。

許せない。

それは、一体誰が何を許せないのか。

被害を受けたから。

自分が傷ついた。
家族が傷つけられた。

何も悪くないのに、何で私が、子どもがこんな目に遭わなくちゃいけないのか。

気持ちはわかる。
自分が同じ立場になったら、同じように許せないというかもしれない。
だが、同じ立場ではないので、同じ気持ちには決してなれない。

でも、許せないとずっと想いつづけることが、自分にとって本当にし続けたいことなのか。

誰かを、何かを許せないと言っているけれど、実は一番許せないのは、自分のことなんじゃないか。
そうした、そうされた自分が許せない。
自分を責めている。
相手を攻めているつもりが、自分を責めているんや。

被害を受けた、許せないと想い続けていることは、自分を責めつづけていることになっている。

許せないという想いは、自分を攻撃していることになる。

許せない想いを持ち続けている限り、ラクにはなれない。

自分を許してまず、ラクになったらいいのにな。




もっと詳しく体験したい人は
   ライブステージ 無料受付中
        「おやこ屋」「せんせい屋」 のご案内


ブログランキング参加中 
ご協力頂ける方は下のバナーをクリック願います。


にほんブログ村 教育ブログランキング参加中!
ご協力頂けるかたは下をクリック願います。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ


スポンサーサイト

テーマ : 生涯教育
ジャンル : 学校・教育

tag : 許せない 攻撃

コメントの投稿

Secre

Re: タイトルなし

> どんなに楽になれるのかと思います。

そう、わかっているんやね。
じゃあ、自分で選んで苦しくしてるんやね。
自分でしめてる手は、自分しか外されへんもんね。
ラクしたいね。

おす、自分が許せないのを、
許せたら…

どんなに楽になれるのかと思います。
Dプロフィール

 林 一美

Author: 林 一美
 昭和35年4月生 東京都出身
 大阪育ち 京都在住

幼稚園、小学校講師、塾経営をやってきました。
なにをしても、どこにいても、私の世界は、私の世界。

おかしいと思ったことは、おかしい。
変なことは、変や。

誰が何と言おうと、私は私のみちをいきる。
それが私にできる。ただひとつのことや。

実は誰も何も言っていない。
すべては、私が言ってることやんか。

私はあんた、あんたは私。

さかさま。おしゃかさま。
かみもほとけも。みな、おんなじ。

まっさかさまの、だいどんでんがえし。

Dリンク
D最近の記事
Dブログランキング
ブログランキング参加中! ご協力頂ける方は下のバナーをクリック願います。

にほんブログ村 教育ブログランキング参加中! ご協力頂けるかたは下をクリック願います。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

D最近のコメント
Dカテゴリー
D月別アーカイブ
DFC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。