(スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(せいちょう。

久しぶりに次男と出かけた。
次男は、出かけることがほとんどない。
京都に来て、5月で一年になるが、出歩くことはほとんどない。
たまに、自分の欲しいお菓子や飲み物をコンビにに買いに行くぐらいだ。
世間でよく言う、「引きこもり」か。

いや、別に引きこもっているわけではなく、今出る必要がないだけなのだ。
まあ、同年代は、皆学校に行っているだけだ。
中学3年だからね。

先日、新しい担任の先生が私の留守中に来たらしく、そのときの話では、次男は卒業後は、アルバイトをして、調理師の学校に行くと言ったらしい。
自分のことを自分で話している次男、親が知らん間に成長しているもんだな。

成長は、一人一人違う。
次男の成長は、大多数の中学3年生とは大きく違っているかもしれない。
同学年のこと接することがほとんどないので、不安、心配・・・・?と思われるかもしれないが・・・。

いや、学校に行っていても本当のところ会話していないのではないか。
ただ、学校に行き、同じ年の子といるだけかもしれない。
どういう風に係わっているかは、その本人でないとわからないな。

次男は、ここ半年ぐらいで変化している。
外には行かないが、家の中で他の家族との係わりによって、変わってきている。

ゲームを一日中やってはいるが、自分から他の家族に話すようになっている。

特に私には、色んなことを言ってくる。
それが、私の状態を鋭く突いていることが多い。

彼には、決して誤魔化しがきかない。

私が育った、成長した状態とは違っているが、彼は彼なりに確実に成長している。




もっと詳しく体験したい人は
   ライブステージ 無料受付中
        「おやこ屋」「せんせい屋」 のご案内


ブログランキング参加中 
ご協力頂ける方は下のバナーをクリック願います。


にほんブログ村 教育ブログランキング参加中!
ご協力頂けるかたは下をクリック願います。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ



スポンサーサイト

テーマ : 生涯教育
ジャンル : 学校・教育

tag : 成長

コメントの投稿

Secre

Dプロフィール

 林 一美

Author: 林 一美
 昭和35年4月生 東京都出身
 大阪育ち 京都在住

幼稚園、小学校講師、塾経営をやってきました。
なにをしても、どこにいても、私の世界は、私の世界。

おかしいと思ったことは、おかしい。
変なことは、変や。

誰が何と言おうと、私は私のみちをいきる。
それが私にできる。ただひとつのことや。

実は誰も何も言っていない。
すべては、私が言ってることやんか。

私はあんた、あんたは私。

さかさま。おしゃかさま。
かみもほとけも。みな、おんなじ。

まっさかさまの、だいどんでんがえし。

Dリンク
D最近の記事
Dブログランキング
ブログランキング参加中! ご協力頂ける方は下のバナーをクリック願います。

にほんブログ村 教育ブログランキング参加中! ご協力頂けるかたは下をクリック願います。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

D最近のコメント
Dカテゴリー
D月別アーカイブ
DFC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。