(スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(はなす。

今、はなすことをしない。

そう、はなす。

私が京都の街頭でやってる「聞く屋」は、はなすことを聞いている。

自分のことを話す。
自分が握っているもんを放す。
自分から子どもを離す。

はなすにも、色々ある。

私も含めて、一旦手に入れたもんをはなすのには、抵抗がある。

欲しい、手に入れたい、何でも入るほうがいい。
出すなんて、はなすなんてできない。
もったいない、とんでもない。

自分のことは、一切話さず、私の気持ちをわかってくれない、と嘆く。
想いは通じているはずやから、話さなくてもわかるやろ、とこんなときだけ、自分の都合だけでいいように使う、「以心伝心」か。
そう、想いは通じている。
すべてのすべてだ。

話している内容と想いが違っていては、何にも話していないのと同じ。
放してない分、想いが強くなる。
想いがますます、重くなるってもんですな。

自分の想いを誤魔化して、話していると。放すもんが違って、ますます、離せなくなるってもんやな。

自分のことをはなす、とはまず、自分のことをちゃんと話すことから、始まるんや。

せっかく、言葉を使えるのに、適当に誤魔化すために利用していては、もったいないな。

先生や親は、子どものことを知りたい、理解したいと想っているなら、まずは先生や親から自分のことを話さないと始まらないな。

そして、子どもを放すこと。
子どもを握っていると、いつまでも子どもは、話さない。
少し、距離をおいて、離してみると見えてくるんやな。

近づきすぎると見えない。

話して、放して、離してみると全体が、見えてくる。

自分の視点も広くなり、色んなモンが見えるようになる。

近づきたいなら、分かりたいなら、自分から話して、放して、離してみることやな。

誤魔化しは、できない。





もっと詳しく体験したい人は
   ライブステージ 無料受付中
        「おやこ屋」「せんせい屋」 のご案内


ブログランキング参加中 
ご協力頂ける方は下のバナーをクリック願います。


にほんブログ村 教育ブログランキング参加中!
ご協力頂けるかたは下をクリック願います。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ



スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

tag : 聞く屋 話す 放す 離す

コメントの投稿

Secre

Dプロフィール

 林 一美

Author: 林 一美
 昭和35年4月生 東京都出身
 大阪育ち 京都在住

幼稚園、小学校講師、塾経営をやってきました。
なにをしても、どこにいても、私の世界は、私の世界。

おかしいと思ったことは、おかしい。
変なことは、変や。

誰が何と言おうと、私は私のみちをいきる。
それが私にできる。ただひとつのことや。

実は誰も何も言っていない。
すべては、私が言ってることやんか。

私はあんた、あんたは私。

さかさま。おしゃかさま。
かみもほとけも。みな、おんなじ。

まっさかさまの、だいどんでんがえし。

Dリンク
D最近の記事
Dブログランキング
ブログランキング参加中! ご協力頂ける方は下のバナーをクリック願います。

にほんブログ村 教育ブログランキング参加中! ご協力頂けるかたは下をクリック願います。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

D最近のコメント
Dカテゴリー
D月別アーカイブ
DFC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。