(スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ちょく。

私が50年弱、この世に生きてきて、一番永く付き合っているのは、自分以外はやはり家族だ。

とりわけ、子どもたちと母親という役回り上、かなり密接に付き合ってきていると思っているが、果たして私は、子どもたちの何を分かっているのか、知っているのか。

子どもが小さいころは、子どもは私の言う通り、思い通りにしてくれていたので、それをもって、私は子どものことを理解している、子どもには私の思いが伝わっていると思いこんでいた。

子どもに確かめることなんてしていない。
「暗黙の了解」というのか。
いつも一緒にいるから、分かってる、知っている、大丈夫だ。

勝手に親の思い込みで、子どものことをわかっているつもりになっているんだな。

そして、ある日「青天の霹靂」とでもいうのか、「反抗期」とくくられている時期に子どもが突入する。
そんなの突然でも何でもなくて、ただ、私が見ていなかった、分かったつもり、何でも知っているつもりになっていただけのことだったんだな。

私は「子どものことを何も分かっていなかった、知らなかった」ってショックを受けたが。
冷静に考えれば当たり前やんか。

親子であっても、「ちょく」で話さないと分からんし、知らんやろ。
私、子どもと真剣に、素直に正直に「ちょく」で、話したことなかったんやから、わからんやろ。

それを単に親やからわかっている、知っているって思いこんでいただけやったんやな。

こんなことしていたら、親も子もしんどいやろ。
お互い一番「素」でおれるところで、思い込み、知ったかぶり合戦をしているんやからな。

親子がもめるのが当たり前やな。

互角の揉め事ではない、各自が自分の土俵に上ったまま取り組んでいる。
このままでは、いつまで足っても、交わりもなんにもなしのままやな。
直接対話なしのままでは、何にも話されへんな。



親子、夫婦・・・人と人との関わりすべてに言える。
「ちょく」でお互い向き合い話さんと、本当のことはわからないんやで。

自分のことを相手に、素直に正直に直接伝える手段としてお互い共通の「言葉」があるんやから。
あるもんはちゃんと使いこなさな。

自分の観ているもん、聴いたもんは自分でしかわからない、知らない。
それをお互い、わかりたい、知りたいと思うなら、自分が確かめるしかないのだ。

その間に色んなもんをいれるから「人」は「人間」になって自然に逆らい生きてきてしまったのだ。
人間は、自然に逆らった生き方を進歩、発展といい、今に至っている。


そう、進歩、発展によって人間は「怠惰」になっていっているんやな・・・京都の舞鶴には「間人」とかいて「たいざ」というところがあるな・・・・。。。。
すべては、逆さまなんや。



人と人、間に何もいれることなく「ちょく」で話し合う、放し合う、離しあうことで、自分の観ているもん、聴いてるもんに、お互い初めて触れることができるのだ。

自分のことは自分にしか、はなされへんな。

親は子に話して欲しければ、まず親のほうが離さんとな。

まずは、親である自分が自分を話す、放す、離すことやな。






もっと詳しく体験したい人は
   ライブステージ 無料受付中
        「おやこ屋」「せんせい屋」 のご案内


ブログランキング参加中 
ご協力頂ける方は下のバナーをクリック願います。


にほんブログ村 教育ブログランキング参加中!
ご協力頂けるかたは下をクリック願います。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ


スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

tag : 素直 正直 ちょく 暗黙の了解 反抗期 土俵 互角

コメントの投稿

Secre

Dプロフィール

 林 一美

Author: 林 一美
 昭和35年4月生 東京都出身
 大阪育ち 京都在住

幼稚園、小学校講師、塾経営をやってきました。
なにをしても、どこにいても、私の世界は、私の世界。

おかしいと思ったことは、おかしい。
変なことは、変や。

誰が何と言おうと、私は私のみちをいきる。
それが私にできる。ただひとつのことや。

実は誰も何も言っていない。
すべては、私が言ってることやんか。

私はあんた、あんたは私。

さかさま。おしゃかさま。
かみもほとけも。みな、おんなじ。

まっさかさまの、だいどんでんがえし。

Dリンク
D最近の記事
Dブログランキング
ブログランキング参加中! ご協力頂ける方は下のバナーをクリック願います。

にほんブログ村 教育ブログランキング参加中! ご協力頂けるかたは下をクリック願います。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

D最近のコメント
Dカテゴリー
D月別アーカイブ
DFC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。