(スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(けが。

3人の子どもは、小さいころ何度か「けが」をしている。

擦り傷程度は、日常茶飯事だが、病院にお世話になることもしばしばあった。

長男は、1才過ぎのころに、左手首の大やけど。眼の下、小指の切り傷は傷口がしまらないので、何針か縫う。
長女は、学校の柱に激突し額がたてにパカッと割れてしまい、縫う。
次男は、玄関で転んで額をよこに切り、縫う。砂場で転んで、顔面を打ち鼻の骨は折れなかったものの、顔面が腫れて後、顔面はしばらく紫色に変色していた。


子どものころの「けがや病気」はどこの家でも経験があることだろう。

当時の私は、子どもがけがをした「えらいことだ・・・」
私は、必死で「なんとかけがを治さなくては・・・」ということにばかりに、眼をやっていた。
その時は、考えても見なかったのですが、今当時のことを思い出してみると、起こるべくして起こっていることに思える。

まあ、どれも「大きなけが」と言えるものではなかったので、当時の私は、「大きなけがにならなくてよかった、大難がまぬがれたのだ」と勝手に解釈していたのだ。


もともと、大きなけがだろうと、小さなけがだろうと「けが」というのが起こること自体、おかしなことだったのだ。
「大難も小難」もない、「けが」という出来事が何で起こっているのかである。

普通にやっていれば「けが」をすることは、ないのだ。

では、なぜ今ここで「けが」をしているのか・・・である。

子どもの不注意、子どもには「けがや病気」はつきもの、それを一つずつ経験して体験して強くなるのだ・・・と手前勝手に思っていた。

確かに、そう子どもの体験のため、経験のために起こっていることもあるだろうが、私の場合は違うな。
これは、私が知っている、分かっていることだ。

少なくとも、子どもが「けがや病気」をしたときには、私がおかしいことを自分でやっていることに、うすうす、いや、はっきりわかっていたときだった。

自分を誤魔化し、世間に合わせたり、自分が苦しいのを家族の責任にしてたり・・・と自分でおかしいことをしているときに、必ずといっていいほど、コトは起こっていた。

最初で気づけばいいのだけれど、コトが起こっても尚且つ、また同じことを繰り返していたもんだから、何度も何度、同じようなことが起こっていたんだな。

恐れているもの、避けたものは何度でも、自分戻ってくる。

その時は、軽く自分を見つめるんだけれども、「のど元過ぎれば、忘れて」しまっている。

自分の「けがや病気」も同じだ。


起こった出来事を「悪いこと、いいこと」と意味付けして、恐れたり、避けたりせずにすべて受け入れる。

自分に見えるのものは、自分に観たいようにしか視ていない。
その視点を変えることが、すべての出来事には必要なんだと思う。



「けが」・・・「怪我」

我が怪しいんだな・・・自分を視るチャンスなんだ。








もっと詳しく体験したい人は
   ライブステージ 無料受付中
        「おやこ屋」「せんせい屋」 のご案内


ブログランキング参加中 
ご協力頂ける方は下のバナーをクリック願います。


にほんブログ村 教育ブログランキング参加中!
ご協力頂けるかたは下をクリック願います。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ


スポンサーサイト

テーマ : 出来事
ジャンル : 学校・教育

tag : けが 怪我 長男 次男 長女 日常茶飯事 大難小難

コメントの投稿

Secre

Dプロフィール

 林 一美

Author: 林 一美
 昭和35年4月生 東京都出身
 大阪育ち 京都在住

幼稚園、小学校講師、塾経営をやってきました。
なにをしても、どこにいても、私の世界は、私の世界。

おかしいと思ったことは、おかしい。
変なことは、変や。

誰が何と言おうと、私は私のみちをいきる。
それが私にできる。ただひとつのことや。

実は誰も何も言っていない。
すべては、私が言ってることやんか。

私はあんた、あんたは私。

さかさま。おしゃかさま。
かみもほとけも。みな、おんなじ。

まっさかさまの、だいどんでんがえし。

Dリンク
D最近の記事
Dブログランキング
ブログランキング参加中! ご協力頂ける方は下のバナーをクリック願います。

にほんブログ村 教育ブログランキング参加中! ご協力頂けるかたは下をクリック願います。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

D最近のコメント
Dカテゴリー
D月別アーカイブ
DFC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。