(スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(かん。

「こうなんだろう、こう思う、こうできるはず・・・」と考える根拠は、なに。

「分かんないけど、そう思っているんだ」

「そう、自分がそう考え、思っている」だから。

そこに、証明も証拠もいらない。


自分の「感」「観」「勘」。。。

自分の「ぴったしかんかん」なのだ。

いつも、どこかで感じている自分の「かん」

一番先に、出てきた思いだ。

その思いをだんだん、「自分の隅っこ」に追いやっていることに、気づかない。
気づいているのだが、誤魔化しているんだな。

誤魔化す、自分の「かん」を信じないのは、自分で責任をとりたくないから。
誰かに、自分の思い、「かん」じてることを、隠して、誰かの言うことを訊いているフリをしている。


「だって、でも、どうせ・・・・」と。。。


「この世の中で生きていくと、まあだんだん、世の中というものがこういうもんだ・・」と、大人と呼ばれる人間になっていくに従い、身につけていっている「クセぇ」なんだな。

自分の「かん」

自分が信じないで、誰が信じるのか。

「こうなんだろう」は、「こうなんだ」

「こう思う」は、「こうだ」

「こうできるはず」は、「こうできる」

「かん」は、「CAN]

自分の「かん」は、自分が「できる」ことなのだな。





自分のかんを体験したい人は
   ライブステージ 無料受付中
        「おやこ屋」「せんせい屋」 のご案内


ブログランキング参加中 
ご協力頂ける方は下のバナーをクリック願います。


にほんブログ村 教育ブログランキング参加中!
ご協力頂けるかたは下をクリック願います。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

スポンサーサイト

テーマ : 出来事
ジャンル : 学校・教育

tag : かん できる CAN ぴったしかんかん

コメントの投稿

Secre

Dプロフィール

 林 一美

Author: 林 一美
 昭和35年4月生 東京都出身
 大阪育ち 京都在住

幼稚園、小学校講師、塾経営をやってきました。
なにをしても、どこにいても、私の世界は、私の世界。

おかしいと思ったことは、おかしい。
変なことは、変や。

誰が何と言おうと、私は私のみちをいきる。
それが私にできる。ただひとつのことや。

実は誰も何も言っていない。
すべては、私が言ってることやんか。

私はあんた、あんたは私。

さかさま。おしゃかさま。
かみもほとけも。みな、おんなじ。

まっさかさまの、だいどんでんがえし。

Dリンク
D最近の記事
Dブログランキング
ブログランキング参加中! ご協力頂ける方は下のバナーをクリック願います。

にほんブログ村 教育ブログランキング参加中! ご協力頂けるかたは下をクリック願います。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

D最近のコメント
Dカテゴリー
D月別アーカイブ
DFC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。