(スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(その時々の役目

朝の再放送のテレビドラマ「だいすき」というのを観ている。

「知的障害のある柚子ちゃんが子育てをする。母親や周りの人たちがサポートしていく。」というお話だ。

今日のところで柚子ちゃんのお母さんが「胃癌」になってしまった。

お母さんは、自分が死ぬわけに逝かない、私が死んでしまったら柚子や孫のひまわりが困る・・・・
と、あれやこれや心配している。
自分の病気のことよりも柚子や孫のひまわりのことばかり気にかけている。
けれど、お母さんはわかっている。柚子がひまわりが自分でしっかり生きていくことを望んでいた。


私は「いつまでもお母さんが面倒みることではないな。お母さんの役目はある意味終わったのだろうな」と思った。

このドラマではお母さんは治りますが・・・。
私は、たとえ死んだとしてもそれは決して不幸なことではないと思います。
次へのステップに必要なこととしてやってきたことなんだろうと思います。

お母さんは、柚子を育て、柚子はひまわりを生み育てています。
これからは、お母さんの手助けなしでやっていく時がきたということなんだなと思うのです。
柚子に必要なサポートは必ず来ます。
柚子には次の課題がきたのだということです。

これは、私にも言えることでした。

私は、小5の時に母を亡くしています。
傍目からは、私に不幸なことであり、母にとっては、幼い私を一人残してさぞ無念だっただろうと思われるだろうが・・・。

私は、違うと思うのだ。

母は、私を産み、小5まで育ててくれた。
ある意味そこまでが母の役目だったんだろうなと思います。
その後は、私が自分で生きていくことにバトンタッチしたのだろうと思います。
人にはそれぞれの時期があるのです。
私は、小5が母と別れ次のステップにいく時期だったということだと思っています。

そこには、私を短大卒業までサポートしてくれる叔母もいてくれたし、次々に私に必要なことがその都度、私に与えられてきた。
それを不幸なこととしてみるか、自分に必要な課題としてみるかによって、同じものが違ったものになるのだと私は思います。

人と違う、目に見える部分では親を早く亡くすという不幸なことに思えることも単に自分に必要な出来事がおこったというにすぎないのであると思うのだ。

出来事のとらえかたによってそのことの意味が変わってくる。
その出来事をどうとらえるかだけであるのだ。

すべては自分次第ということだ。
不幸なこと、幸せなことという区別は自分が創っているにすぎないと思うのだ。

そのことに気づけば、どんな出来事がこれから起ころうとも、不安や心配はいらないのだ。

その時々の役目があるし、やることになっていると思うのだ。



視点変換への
   ライブステージ 無料受付中
        「おやこ屋」「せんせい屋」 のご案内


ブログランキング参加中 
ご協力頂ける方は下のバナーをクリック願います。


にほんブログ村 教育ブログランキング参加中!
ご協力頂けるかたは下をクリック願います。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

スポンサーサイト

テーマ : 出来事
ジャンル : 学校・教育

tag : だいすき 柚子 ひまわり 傍目 再放送 胃癌 役目 ステップ

コメントの投稿

Secre

海のいるかさんへ

何かことが起こったときに、それを避ける方がラクだ、避ける方向になんとか対策を高じてばかりだが。。。

起こった出来事を避けるのではなく、受け入れてみる。
受け入れてみてどうするかを考えて見ることをしていけば、本当にはラクな道なんだと思います。

だいすき 私以前放送されたとき見てました。

大切な人の死に関しては受け入れるのは正直、難しいかな。
でも、どんな出来事もそれを幸か不幸かを決めるのは自分だというのはわかる気がします。
Dプロフィール

 林 一美

Author: 林 一美
 昭和35年4月生 東京都出身
 大阪育ち 京都在住

幼稚園、小学校講師、塾経営をやってきました。
なにをしても、どこにいても、私の世界は、私の世界。

おかしいと思ったことは、おかしい。
変なことは、変や。

誰が何と言おうと、私は私のみちをいきる。
それが私にできる。ただひとつのことや。

実は誰も何も言っていない。
すべては、私が言ってることやんか。

私はあんた、あんたは私。

さかさま。おしゃかさま。
かみもほとけも。みな、おんなじ。

まっさかさまの、だいどんでんがえし。

Dリンク
D最近の記事
Dブログランキング
ブログランキング参加中! ご協力頂ける方は下のバナーをクリック願います。

にほんブログ村 教育ブログランキング参加中! ご協力頂けるかたは下をクリック願います。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

D最近のコメント
Dカテゴリー
D月別アーカイブ
DFC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。