(スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(迷惑

よく「人に迷惑をかけないようにしなさいよ」と親や先生に言われてました。
これは、誰もがいう常識中の常識で当たり前だというものなのか。
人に迷惑をかけないようにとはいったいどんなことなのか。
人に迷惑ってどんなこと。

人の邪魔にならないように、人が何を思っているかを常に考えて、人と同じように人と争わないよう
に人を傷つけないように常に周りに合わせていく。
これが人に迷惑かけないように生きること。

そんな極端なことじゃなくて、自分がされたらいやなことは最低限度しないこと。
「されたらいやなことなんていっぱいあるし、じゃあ、なんにもできなくなるってこと。」
自分にとっての迷惑ってことやね。

では、何故そういう生き方をさせようとするのか、選んでいるのか。

お互いが強制しあって縛りあっているだけだ。
なぜなら、お互いが枠の中から出て行かれては困るからだ。
親や先生は、子どもが自分の考えている枠から出て行かれては困る。
統制がとれない、管理できなくなる。

迷惑だっていってる人は自分に都合悪いこと、自分がされたら困ることを止めるために使っているだけのことだ。親や先生は迷惑をかけないようにといっているのは、親や先生にとっての迷惑なのだ。
すべて自分の価値判断で決めているだけのことだ。

迷惑だからといって自分の行動に規制をかけているのは、自分でその行動に対して責任をとるのを避けたいからやね。親や先生の言うこと迷惑だということをしなければ、自分のことを守れるっていうことやね。



迷惑かどうかは、やってみないとわからない。自分が迷惑だって思っているだけのことかもしれないし、自分でそう思いこんできただけかもしれない。
自分にとって都合悪いから、やらないでおこう、だから自分以外の人がやるの止めるために、みんなが迷惑だからやめろと言っているだけなんだ。

「こうしたい・・・。ああしたい・・・。」と思うんだったらやってみたらいい。
「でも・・・だって・・・それをしたら、人に迷惑になるし、できっこないい・・・。」と止めているのは、結局のところ自分が決めているってことだ。人に迷惑がかかるって人の責任にして自分ができない言い訳に都合よくつかっているだけだ。

実のところ、人に迷惑なんてなくて自分に迷惑だってことだ。それを都合よく人に迷惑かけるな、常識を守れとお互いを牽制しあっているだけのことだ。

人に迷惑かけられたと人に責任を押し付けているだけのことだ。

「これをやったら迷惑になる」のではなどと考えずにやってみたいことを素直にやてみたらいい。自由に素直に正直にやってみたらいいだけのことだ。やってみないと何もわからない、何も確認できない。

「そしたら自由にやってみたいことが人を殺すということでもか・・・。」という人がいるが、自由にやっている人の思考に人を殺すというのがでてくるだろうか。

人を殺したいというのは、自分にとって何か不都合や不自由があるときに直接その本人に懐いたり、他の人、誰でもいいから腹いせに殺すという思いが出てくるだけのことではないのか。
自由にやってる人には、関係のないことなのだ。



迷惑なんていう枠はもともとないのです。

自分の責任逃れのため都合よく使っているだけなのです。

自分ですべて責任をとるのであれば、人に迷惑がかかるから、かけるからという言い訳で自分を規制する必要がないのです。

すべては、自分が創りだしていることだ。
迷惑という枠の中に入って責任転嫁ゲームを続けていても何も変わらない。ゲームを止めれるのは、自分だけだ。



もっと詳しく体験したい人は
   ライブステージ 無料受付中
        「おやこ屋」「せんせい屋」 のご案内


ブログランキング参加中 
ご協力頂ける方は下のバナーをクリック願います。


にほんブログ村 教育ブログランキング参加中!
ご協力頂けるかたは下をクリック願います。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ


スポンサーサイト

テーマ : 生涯教育
ジャンル : 学校・教育

tag : 迷惑 自由 不自由

コメントの投稿

Secre

ヘットマンさん、コメントありがとうございます。

迷惑なんていうワクは、自分が勝手に創っているものなんですよね。
自分が責任逃れをするために「人に迷惑かけるな」と人をワクに入れて、自分も自らワクに入っているだけなんです。

初めまして。

他人の迷惑など一々考えて居たら自殺でもしないといけませんね。

自由を求めている人間が殺人をするのか?共感します。

歴史上の優れた人物は皆、自由であり続けたはずです。

自由を否定する彼らはそれらの人物には敬意を払うが、いざ自由を認めるとなると怖い訳ですね。

また、自分ごとでは、そんなに部下を多く持ったことはないですが、部下でも実は少々迷惑をかけてくる奴の方が生き甲斐になって楽しかったりします。

世の中迷惑をかけないでということで、縛りあって生きていると行きづらいですね。

僕は友達と迷惑を掛け合って存在を確かめ合っています。
Dプロフィール

 林 一美

Author: 林 一美
 昭和35年4月生 東京都出身
 大阪育ち 京都在住

幼稚園、小学校講師、塾経営をやってきました。
なにをしても、どこにいても、私の世界は、私の世界。

おかしいと思ったことは、おかしい。
変なことは、変や。

誰が何と言おうと、私は私のみちをいきる。
それが私にできる。ただひとつのことや。

実は誰も何も言っていない。
すべては、私が言ってることやんか。

私はあんた、あんたは私。

さかさま。おしゃかさま。
かみもほとけも。みな、おんなじ。

まっさかさまの、だいどんでんがえし。

Dリンク
D最近の記事
Dブログランキング
ブログランキング参加中! ご協力頂ける方は下のバナーをクリック願います。

にほんブログ村 教育ブログランキング参加中! ご協力頂けるかたは下をクリック願います。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

D最近のコメント
Dカテゴリー
D月別アーカイブ
DFC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。