(スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(不登校って。

不登校ってなんですか。

学校に行かない選択をしただけのことです。
いじめや他の何らかの理由があったとしても、行かない選択をしたのは子どもです。
唯それだけのことです。

これが何か問題があるのでしょうか。

学校にいくのが当たり前だから、常識だから・・・・。

ではなぜ、学校に行くのがあたり前、常識なのですか。

法律で決められているから、義務教育は、受けないといけない・・・。義務があるのは、親の方で、子どもには、教育を受ける権利があるだけです。

学校にいって教育を受けてないと、将来困るから・・・。人にばかにされてり、騙されたり、仕事の選択枠も狭くなり生活に困るから・・・子どもが苦労するのが目に見えているのに親として先生としてほっておくわけにはいかない。
本人が行きたいと思っているのにいじめや他の理由でいけないのは、親や先生がなんとかしてあげなくちゃいけない。

本当にそうですか。

先のこと、将来のことを考えると親として先生としてなんとか学校にいけるようにしないといけない。
親や先生にとって学校に行かないこと、行けないことは、問題なこと。
何かちゃんとした理由があるならその理由を排除して何とか学校に行けるようにすることが必要なんだ。

親や先生は、本当に子どものことだけを考えて悩み、問題を解決しようとしているのですか。
悩みや問題は、不登校している子どものことですか。


我が家にも不登校児がいます。
彼は、学校に行かない選択をしているだけなんです。
「学校に行くとつかれるから、今は行かない。」といいます。
何か問題がありますか。

子どもは学校に行く、大人は働く・・・これをしないことは、怠惰なこと、甘えている、サボっていること・・・これは、本当ですか。
誰がいったい決めたこと何ですか。

行かない理由を聞いても「納得、判る説明ができないのはそうに決まっているんだ。」
だから、親や先生はなんとか学校に行くようにならないものかと考えるのです。

学校に毎日行っている子に「なぜ学校にいっているのか。」と聞いても、はっきりとした答えは言えません。
「ただなんとなく・・・。みんながいっているから・・・行くのが当たり前、常識だから・・・・」としか言えません。

ただなんとなくみんなと同じように学校に行っているよりは、学校に行かない選択をどんな理由にしろできる不登校児のほうが、自分に素直に正直に生きているということです。
自分で考え、素直に行動したということです。

彼のような子は、増えています。
不登校児対策といって親や先生、国が問題を解決しようとすればするほど増えていっているのです。
問題は不登校児ではないのです。
不登校児をなんとかしようとしてもムダなことです。
今の学校教育が意味あるものであるなら不登校児はいないのです。不登校児がいること事態がおかしい現象です。

不登校児がいるということは親や先生、国が学校教育のありかたをやり直すときだということです。
自分が止めてないと何も変わらないということです。

気づいていますね。

学校に行かないのが当たり前だ、行きたくないのが常識だ・・・。
今の学校教育は、おかしい、変だ。
気づいていながら今の学校に行かそう、行くようにしようとするのはなぜですか。

自分の気持ちに正直になるのはラクなことばかりではないのです。

親や先生は、そのことを見せてくれている子どもの素直な行動に気づき、考えていくときがきたということです。


もっと詳しく体験したい人は
   ライブステージ 無料受付中
        「おやこ屋」「せんせい屋」 のご案内


ブログランキング参加中 
ご協力頂ける方は下のバナーをクリック願います。


にほんブログ村 教育ブログランキング参加中!
ご協力頂けるかたは下をクリック願います。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

スポンサーサイト

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

tag : 不登校 学校 教育 義務 権利 法律 おやこ せんせい

コメントの投稿

Secre

はじめまして-
野球魂-唯我独尊-を経営させていただいている、クロです。
相互リンクできればお願いします。
よろしければ、すいませんがこちらのブログでコメお願いします・。・

いちみ様へ

たまに覗かせていただいております。

興味をそそり、個性をのばせる学校がたくさん出来たらいいのになぁなんて思います。
横並び義務教育とかではなくて。

「○○普通小(中)学校なの?めずらすぃ~。」位のいきおいで。(笑)

平和な未来を願うばかりです。

私も子供が不登校になるまでは
学校の意味など考えたことはありませんでした。
子供に教えられたこと、不登校を通して学んだことは多いです。
いちみさんの言う通りですね。

また拝見させていただきます。
Dプロフィール

 林 一美

Author: 林 一美
 昭和35年4月生 東京都出身
 大阪育ち 京都在住

幼稚園、小学校講師、塾経営をやってきました。
なにをしても、どこにいても、私の世界は、私の世界。

おかしいと思ったことは、おかしい。
変なことは、変や。

誰が何と言おうと、私は私のみちをいきる。
それが私にできる。ただひとつのことや。

実は誰も何も言っていない。
すべては、私が言ってることやんか。

私はあんた、あんたは私。

さかさま。おしゃかさま。
かみもほとけも。みな、おんなじ。

まっさかさまの、だいどんでんがえし。

Dリンク
D最近の記事
Dブログランキング
ブログランキング参加中! ご協力頂ける方は下のバナーをクリック願います。

にほんブログ村 教育ブログランキング参加中! ご協力頂けるかたは下をクリック願います。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

D最近のコメント
Dカテゴリー
D月別アーカイブ
DFC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。