(スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(はじめ。

はじめてのことなのでわからない。
そう、全てははじめての体験、経験。
同じことなどない。
すべて、はじめ。
はじめに、手をうとうとするから、はじめて。
はじめのことに、て・・・対策を立てる。
今までの体験、経験からのデーターを教えこむ。
親は、子どもが困らないように、先先に教え込もうとする。
はじめてで何もわからないから、自分の体験、経験してきたことをベースに教え込む。
それが親心と思い込んでいる。
子どもの体験、経験することはその子どもの体験、経験だ。
親の私と全く同じではない。
親にとってもはじめの体験、経験。
同じような体験、経験にみえるかもしれないけれど、同じではない。
親は、自分のしてきた体験、経験を話すことはできる。

ただ、それだけ。

子どもの体験、経験することに決めることはできない。
すべて、創め。
てを決めるのは、自分だ。




ブログランキング参加中 
ご協力頂ける方は下のバナーをクリック願います。


にほんブログ村 教育ブログランキング参加中!
ご協力頂けるかたは下をクリック願います。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
スポンサーサイト

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

tag : はじめ 創め 親心 体験 経験

Dプロフィール

 林 一美

Author: 林 一美
 昭和35年4月生 東京都出身
 大阪育ち 京都在住

幼稚園、小学校講師、塾経営をやってきました。
なにをしても、どこにいても、私の世界は、私の世界。

おかしいと思ったことは、おかしい。
変なことは、変や。

誰が何と言おうと、私は私のみちをいきる。
それが私にできる。ただひとつのことや。

実は誰も何も言っていない。
すべては、私が言ってることやんか。

私はあんた、あんたは私。

さかさま。おしゃかさま。
かみもほとけも。みな、おんなじ。

まっさかさまの、だいどんでんがえし。

Dリンク
D最近の記事
Dブログランキング
ブログランキング参加中! ご協力頂ける方は下のバナーをクリック願います。

にほんブログ村 教育ブログランキング参加中! ご協力頂けるかたは下をクリック願います。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

D最近のコメント
Dカテゴリー
D月別アーカイブ
DFC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。